毛糸ホームへ 総合トップへ
TOP > 毛糸HOME > 実は適正価格
100g 250円 → 実は適正価格です
一般向け手芸店から購入した手編み毛糸・代金8,000円。
データもしっかり記載されていて編みやすく風合いもいいですよね。

一方、ブランドショップで購入した¥49,800のモヘアのカーディガン。
色やデザイン・品質もOK、もちろん着心地は文句なし。
「かなり高い毛糸を使っているのだろうな〜」と想像しますよね。

ところが糸の値段は¥49,800のブランドニットの方が安いのです。
以下、その理由です。まずは具体例から。
価格例 最大98% OFF

かなり極端な例になります。
手芸店で購入したゴールドラメ。
適正な価格だと思います。


こちらは工場用の新品・500g巻き。
工場用の適正な価格です。
この時点で価格は市販品の1/12。

アウトレットけいと・ラメシリーズ。
残り糸なので40%OFF。
300円いただければ充分です。
ここで1/20。

大量入荷の場合はセール販売に。
工場用新品の約1/4(76%OFF)
1/4なら「お得かも?」程度ですよね。

でも市販品と比べると・・・
なんと 1/50 (98%OFF)に。
つまり・・・
「一般用」と「工場用」の適正価格の差が大きいのです。
一般向け手芸業界の方には信じられない価格ですが
ニット業界からみると適正価格、という感覚なのです。

このギャップから「アウトレット」と名前をつけました。
粗悪品・B級品を販売しているワケではございません。
「工場用糸とは」へ戻る
戻る
毛糸ホームへ
次へ
「毛糸が安い理由」へ進む
工場用糸とは 無料サンプル FAQ プライバシーポリシー 編物リンク お問い合わせ